広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

新しい相続税計算(H27年1月~)

新しい相続税の計算方法(H27年1月~)


相続人が、配偶者と子2人の場合

  • K君 :相続税の計算が変わるそうですが、具体的な計算方法を教えてください。
  • J爺 :次の図は、配偶者と子2人が相続人だった場合の計算じゃ。

画像の説明

画像の説明


計算のポイント

  • J爺 :計算のポイントは基礎控除じゃ。
相続開始年基礎控除額計算方法
~平成26年8,000万円5,000万円+1,000万円×法定相続人の数(3人)
平成27年~4,800万円3,000万円+600万円×法定相続人の数(3人)
  • K君 :基礎控除が減った分だけ税額が増えるということですね。


非課税財産、債務・葬式費用

  • J爺 :その他のポイントは次のようなものじゃ。
項目注意すること
非課税財産墓石・仏壇など
債務銀行借入、租税や公共料金などの未払金、預かり敷金など
葬式費用香典返しのためにかかった費用、墓石や墓地の買入れのためにかかった費用や墓地を借りるための費用は葬式費用になりません。
  • J爺 :生前に500万円で墓地や墓石を購入しておけば、墓地・墓石は非課税じゃ。ところが、死後に相続人が墓地・墓石を購入したら手持ちの500万円は相続税の対象になる。
  • K君 :生前の購入か生後の購入かで違ってくるんですね。

  • J爺 :預かり敷金も債務なので、控除することを忘れないようにせにゃあならん。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional