広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

業務のご案内

 業務のご案内


 税務調査の対応

  • 税務調査は生き物、結果が常に同じではありません。
  • 税理士の対応によって、調査結果が左右されることは往々にしてあります。
  • 例えば、次のような税理士!
    • 税務職員のねらいを読むことができない。
    • 何も主張しない。
    • やたらと文句を言うが、主張に論理がない。
    • 資料の提出を理由なく拒む。
    • 調査中に作成した資料を提出する。
      これでは、望ましい結果が得られるはずがありません。
  • 税務職員が常に狙っているのが、脱税を把握し「重加算税」を賦課することです。うかつな答弁や対応が「重加算税対象」と税務職員が認識する原因になったりします。
  • 税務調査を知らない税理士は、そのあたりの配慮に欠けます。
  • 税務職員の思惑は、調査を経験した者にしか分かりません。
    • 優秀な税務職員は、細かい罠(わな)を張り巡らせています。
  • 豊富な調査経験で罠を見破り、先手を打って対応します。


 相続、贈与、事業承継対策

 相続税の申告

  •  相続税の申告書は、相続開始の日から10か月以内に提出しなければなりません。
    •  「相続開始の日」・・・通常は、被相続人がお亡くなりになった日です。
    •  被相続人(亡くなった方)の財産を調べ、それぞれを評価していきます。
      •  財産を調べて評価するには、手間も時間もかかりますので、お早目にご相談ください。
  •  被相続人(亡くなった方)が事業者であった場合は、1か月以内、2か月以内に提出しなければならない重要な書類もあります。

 贈与税の申告

  •  贈与を受けた場合は、その翌年3月15日までに申告しなければいけません。

 相続対策

  •  相続税(金)の心配より、相続対策が大切です。子孫がおだやかに暮らせるよう、お元気な今だからこそしっかりとした対策をしましょう。

争続にならないための相続対策が必要とされています。

  •  後継者に事業を承継するのは意外と難しいものです。遺留分をめぐっての相続争いなどが起きないようにすることも大切です。

 経営者がお元気な今だからこそ、しっかりとした事業承継計画を建てましょう。


 相続税対策

  •  「財産明細表」を作成して、財産を知ることから始めましょう。
  •  相続税対策は、なるべく早い時期にお始めになることをお勧めします。
    •  相続税対策は、あくまで将来を予測した対策です。
    •  今とは状況が異なったり、想定とは違うことも起こります。
    •  相続税対策は、十分に納得なさった上でお始めください。

 財務・経営のサポート

 財務、経理の支援

  •  適正な記帳なくして健全な経営はありません。
  •  記帳を支援し、財務・経理のアドバイスをします。
  •  記帳の合理化、簡素化を考えます。

 法人税、所得税、消費税の決算・申告書作成

  •  決算対策は、決算前2〜3ヶ月間が特に重要です。
    •  税金もコストです。(適度な)節税でコストを減らすことができます。
    •  多額の設備投資の予定は早目に税理士にお知らせください。適切な対応は納税額に大きく影響します。
  • 電子申告(e-Tax、eLTAX)を利用しますので、ご了承ください。

 経営計画や銀行提出資料の作成

  •  経営計画利益計画資金計画を経営者と一緒に考えます。
  •  銀行提出資料の作成や銀行との交渉をお手伝いします。


 その他

  •  ご相談に応じて対応します。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional